診療案内

診療予約・お問い合わせ

電話.079-490-4898

診察時間

【月・火・金曜日】
8:30~12:30/14:00~18:30
【水曜日】
8:30~12:30/14:00~19:00
【土曜日】
8:30~13:00/午後休診

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日
※受付終了時間は、診療時間の30分前まで

メールでのお問い合わせ 24時間受付中

ベビーマッサージ教室 Baby&Gumマッサージ ぴよこ

播磨歯科医師会ホームページ

リンク

個人情報保護について

小児歯科

子供の健康な歯を保つためには、赤ちゃんの時からお口のケアをすることが大切です。

生まれたての赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません。日々の生活の中で周りの人から菌を貰ってしまいます。離乳食が始まって、子供に食べさせるとき、お母さんが一度口につけたものを食べさせたりすることはありませんか?その時にお母さんのお口の中にむし歯菌がいると子供にうつってしまいます。赤ちゃんの歯や生え始めの永久歯は、歯の質が柔らかいためむし歯になりやすく、進行が早いといわれています。大切なお子様がむし歯にならないためにはご家族の皆様も定期健診をおすすめします。

お子様が歯の治療を怖がらないために

歯医者には「痛い」「怖い」というイメージがあり、大人でもむし歯の治療は怖いものです。小さなお子様が、恐怖心を持たずにはじめからお口を開けてくれることなどほとんどありません。

一番初めに痛い治療をされると、悪いイメージばかりが先行してしまい歯医者がトラウマになってしまうかもしれません。その結果、症状が進行してしまいます。

このような悪循環を作り出さないためにも、お子様が「怖がらない歯科医院」を目指します。

ご自宅での仕上げ磨きについて

「仕上げ磨き」と聞くと、小学生になるまで。あとは自分で何でもできるようになってほしい。という思いから、保育園、幼稚園くらいまで終えられているお父さん、お母さんが多いのではないでしょうか

できれば、小学生の間は仕上げ磨きをお勧めしています。もちろん、中学生になってからでも続けていただいて構いません。(お膝の上でなくても向い合って)

毎日お子様のお口の中を観ていただくだけでも変化がわかったりします。それだけでなく一日一度のスキンシップをとるお時間としてもとても有意義だと思います。

ぜひ、毎日お子様のお口の中を観てあげてください。

治療のご説明、カウンセリング

当院での治療は、最初に必ずお父さん、お母さんに治療についてのご説明、カウンセリングを行います。
お口の中のことで、何か不安なことや、疑問点があれば遠慮なくおっしゃってください。

フッ素塗布

フッ素を歯に塗布することで、歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。

フッ素を含んだ歯の結晶は、むし歯菌の出す酸に対してより強くなり、むし歯になるのを防ぐ効果があります。

お家でのフッ素塗布

ご自宅でのフッ素塗布はハミガキ後に行っていただきます。
仕上げ磨きをしていただいた後、専用のフッ素ジェルをハブラシにつけてお口全体にいきわたらせます。
数種類のフッ素をご用意しておりますので、お子様に抵抗のないフレーバーを選んでいただけます。
ご家庭で毎日フッ素塗布をしていただくことで、むし歯菌の活動を弱める働きがあります。

医院でのフッ素塗布

医院でのフッ素塗布はご自宅用より濃度の高いフッ素を使用いたします。
歯の表面に汚れが残らないよう専用のブラシでしっかり磨いてチェック。
その後、高濃度のフッ素を塗布いたします。
隅々まで歯をきれいにしてから塗布しますので、表面からとり込まれ、むし歯予防の効果が高くなります。
ぜひ定期的にケアへいらしてください。

子供の矯正 プレオルソとインビザライン

矯正自体は大人になってからでもできるのですが、顎の成長段階である子供の時期に矯正をすることにより歯を抜かずに矯正を行うことができる可能性があります。

こうじ歯科で取り扱っているのは「プレオルソ」という取り外しができるマウスピースを使った矯正システムと、クリアライナーを使った目立たない矯正システムです。

成人では歯の表面に器具を取り付け、痛みも伴うことがある歯列矯正となりますが、「プレオルソ」や「インビザライン」なら、お家の中にいるときと眠るときにはめるマウスピースとお口の運動をしていただくだけで歯を動かしていきます。

「プレオルソ」のマウスピースは4~10才のお子様が骨の柔らかい時期にはめることで効果を出す矯正法です。
マウスピースは取り外すことができるので、通学中やお食事中はマウスピースを外して自然な日常を送ることができます。
「インビザライン」は10才から使用できる、クリアライナーという透明のマウスピースを使った矯正法です。透明なため、装着したまま外出ができ、目立たずに矯正をすることができます。

よい歯並びは、正しい発音ができる、食事の時によく噛めるというメリットがあります。

プレオルソ公式サイトへ

インビザライン公式サイトへ

MFT(口腔筋機能療法)について

「お口をぽかんと開けていることがある」「食事のときに飲み込みづらそう」…などはもしかしたらお口周りの筋肉に何かしらの影響を受けているかもわかりません。

お口周りの筋肉が正しく機能するようになると、口呼吸ではなく鼻呼吸が出来るようになったり、
歯並びが悪くなる原因の一つでもある舌の癖の改善や予防になります。
気になる事があれば、何でもお尋ねください。